家電製品を安く買いたい

家電製品には寿命があります。インターホンも家電製品の一つです。長く使っていると音が出なかったり、古くなって錆びることもあります。新しく購入や交換を考えたりする時は、予算をできるだけ抑えたいものですが、電化製品は値段が高い製品です。電化製品を安く購入できるコツはないのでしょうか。

インターネットで買うか家電量販店で買うか

家電量販店の場合

家電量販店は、季節、曜日帯、時間帯にもよって激安で購入できることがあります。まず、安く購入できるコツとして従業員に割引交渉をします。他店のチラシを持っていき、比較しながら従業員へ相談するといいでしょう。

インターネットで購入する場合

激安で購入したい場合は、ネットショップがおすすめです。お店を持っていないので基本的に激安で購入できます。ネットショップはたくさんあるので、たくさんある中から選べたり、予算やメーカーで検索できたりと比較がしやすいのがポイントです。

インターホンが故障してしまった!

知らない間にインターホンが壊れていた!なんてことはありませんか?壊れていると宅配業者が訪ねてきた時に対応が遅れたりして、非常に不便な場合があります。故障の原因から対処までの流れをみてみましょう。

インターホンの故障から修理までの流れ

故障の原因について

インターホンの故障の原因は、製品から部品が欠けている以外、見た目ではわかりにくいです。インターホンが鳴らないと気付くのは、宅配業者が不在通知票をポストへ入れた時に故障していると分かります。インターホンの音の確認は、定期的に行いましょう。玄関入口を開けて、外のボタンからインターホンを押してみましょう。一人暮らしの方は友人と一緒に行ってください。

電源元を確認

玄関先からインターホンを押しても音が鳴らない時は、親機の電源元を探してください。電源は親機のランプでオン・オフで表示されています。点灯していない場合は、配線が外れているか確認をしてください。電池式のインターホンの場合は、電池交換をしてみてください。

故障が確認できたら訪問者には張り紙で知らせましょう

故障が確認できた場合は、交換や工事に入るまでインターホン付近に「使用不可」と記載した張り紙を貼りましょう。

原因追及して依頼しましょう

インターホンが壊れている原因には配線の不具合が挙げられます。一戸建ての場合は、インターホンが外にあるので配線を地中に埋めます。その時に配線に不具合が起きてしまい、インターホンの親機と子機がうまく繋がっていないことがあります。一戸建ての場合は、電気屋さんへ連絡をして調査してもらいましょう。マンションの場合は、勝手に交換や修理は行わず管理会社へ連絡してください。

原因が分かったら手続きを行う

マンションのインターホンが故障したら、管理会社が業者に依頼します。一戸建ての場合は、業者を探して、交換または修理を依頼します。種類によって異なりますが、修理よりも新しいインターホンに交換した方が安くなる場合があるので、予算に合わせて検討してください。

セキュリティを高める

インターホン

玄関先もおしゃれにグレードアップ

家を新しく建てたりフォームしたら、インターフォンもおしゃれにしてみましょう。最近は家のデザインと合せられるインターフォンカバーがあります。ステンレスタイプが人気で耐久性に優れています。表札と一体化しているタイプが、玄関周りをすっきりみせてくれます。

インターホンのデザインと機能性

家のデザインに合わせて、外観と統一するとおしゃれです。インターホンのカラーは、夜間の視野にも対応できる明るい色がベストです。表札、ポスト、照明がすべて揃ったインターホンカバーは、玄関のレイアウトを1つにまとめるので設置場所にも困らず人気が高まっています。

広告募集中